個別指導塾で中学生が意欲を高める方法とは

保護者が子供を学習塾に入学させるケースが非常に多いですが、意欲が出ないために学習効果があまり上がらないケースもあります。しかし学力に合わせて学べる個別指導塾では、学習に消極的な中学生も意欲的に課題に取り組めます。入塾時のテストで学力を客観的に測定すると、生徒がやる気を出して学べる方法を見出せます。また無理のないスケジュールで個別指導塾に通うことが、モチベーションを持続させながら学習を進めるコツです。

特に中学生は部活動などで忙しいので、最初は週1回のペースで通うのがポイントです。そして通塾に慣れた段階で受講回数を増やすと、次第に難しい課題にも意欲的に取り組めるようになります。中学生がやる気を出すうえで重要なのは、テストの点数アップで個別指導塾を利用した学習効果を強く実感することです。そのためには、試験前に出題傾向に合わせて徹底的にトレーニングをすることが重要です。

中間テストなどの問題はパターン化しており、直前に塾で指導を受けると得点力も大幅にアップします。そして生徒の性格にぴったりの先生を見つけることが、やる気を引き出して効率よく学習することにもつながります。講師のプロフィールを参考にすると、中学生一人一人に適した先生を見つけることが可能です。特に学力が低い中学生の場合には、解説が丁寧な先生が適しています。

一方でトップレベルの高校を目指す生徒には、毎回課題を出してくれるベテラン講師が最適です。