リスニング対策を行う中学生の個別指導塾

中学生を対象としている個別指導塾では、講師1人に対して生徒が数名以内で授業を進めるのが大きな特徴です。そのため、生徒一人一人の学力レベルや個性に合わせた個別のカリキュラムを用意して、きめ細かな指導が行われています。中学生の個別指導塾では主に高校受験を目的に通っている生徒が多く、内申点を上げるための定期テスト対策と志望校に合わせた入試対策の2つが大きな柱となっています。そして、最近は定期テストと高校入試の両方で英語のリスニングが重視されるようになっていて、個別指導塾においても、日本語を介さずに英語をそのまま理解するための能力を高めるための指導が人気です。

リスニング対策を行っている個別指導塾では、通常の授業の中でタブレットを使ってリスニング問題に挑戦したり、音声認識機能を活用した音読練習などを実施しています。塾の中でだけではなく、家庭学習でも繰り返し英語を聞く習慣を付けるように指導することで、英語の音声で理解ができる英語耳を作り、総合的な英語力にもつなげています。入試のリスニング問題は、音声スピードも速くて文章量も増加していますが、個別指導塾では、講師が生徒のレベルに合わせてリスニングの演習問題を繰り返し行うことができるので安心です。今まで勘で解いていたリスニング問題に自信を持って答えることができるようになったという中学生も多く、英語耳の強化が英語の得点アップと総合的な学力の向上につながっています。