中学生の理解度に寄りそう個別指導塾

中学生になると、小学生に比べて勉強内容が急に難しくなり、また学校や部活動などの時間も増えて自習する時間の確保がしづらくなり、勉強についていけなくなるケースがとても多いです。中学校ではテストの点数が成績や進路により強く結びついてくることもあり、学校外での勉強の機会として塾などに通い始める生徒も増えます。塾は同じ学校の友達とも通いやすく、勉強をする場所という雰囲気が作られているため集中もしやすいです。しかし集団授業という特性上、個人の理解度や進度に合わせた内容で勉強することが難しく、こちらでも置いて行かれてしまうというケースが少なくありません。

もちろん個別の質問に対応はしてもらえますが、授業のスピードや内容を変更することはできません。その点、個別指導塾は個人の不得意や理解度に合わせた授業内容をオリジナルで組むことができるため、中学生にはうってつけの塾です。個別指導塾は生徒一人または二人などの少人数に対して先生が一人つく塾で、個別に勉強を見てもらえるのが特徴です。中学校では勉強の難易度も科目も増えるため、個人の中でも科目ごとあるいは分野ごとに理解度に差が出ることがあります。

苦手なところでは立ち止まって詳しく教えてもらったり似た問題を繰り返し演習したりして克服し、得意な分野はさらっと流すといった進行ができるのも個別指導塾の特徴です。また、部活動などで不規則になりがちなスケジュールに合わせて授業を組めるのも個別指導塾ならではなのも中学生に最適な理由の一つです。