1対1で授業を行う中学生の個別指導塾

中学生を対象としている個別指導塾は少人数制の授業が特徴ですが、講師1人に対する生徒の人数は塾ごとによって異なります。通常は講師1人に対して生徒が2人から3人で授業を行うのが一般的ですが、個別指導塾の中には講師1人に生徒が1人の完全マンツーマン体制を徹底している塾もあり、人気を集めています。1対1で授業を行うメリットとしては、発問をして生徒が答えたり、生徒がつまずいたらすぐに解説するといったきめ細かな指導を実践できるところです。講師は目の前にいる生徒だけのために授業を行っているので、生徒の表情や手の動きまでしっかり確認しながら、生徒のペースで授業を進めていくことができます。

また、1対1で授業を行う個別指導塾では、生徒の性格や学力を把握した上で最適な講師をマッチングしているのも大きな魅力です。中学生本人や保護者の要望を考慮した上で、生徒の学力を伸ばして目標を達成するために適確であると判断した人材を講師として任命して、オーダーメイドの個別カリキュラムを実施していきます。緊張感のある授業を行いながら、講師自身にも責任が芽生えるシステムで、中学生の学力や集中力が高まると好評です。万が一、講師を変更したい場合には、要望を出せば再度マッチングに応じてもらうことができます。

講師との相性が心配な場合には、入塾前に実際の授業を受けられる体験授業を実施しているので、講師の教え方や人柄をチェックすることができ安心です。中学生の個別指導塾のことならこちら