中学生の個別指導塾と集団指導塾の違いについて

一口に中学生の学習塾と言っても学習スタイルはさまざまです。中学生向けの個別指導塾はそれぞれの生徒の学習ニーズに合わせて学ぶことができるのが魅力で、例えば学校の授業についていけないので復習に重点を置きたいとか高校受験に向けて入試用の練習問題に積極的に取り組みたいなど、それぞれの目的に合わせて学習カリキュラムを組むことができます。また個別指導塾の場合比較的生徒の都合に合わせてもらいやすいので、曜日や時間などを自由に選べたりある程度の融通がきくという特徴もあります。生徒一人に対して講師が一人なのかあるいは生徒数人に対して講師が一人つくのかという条件によって多少違いはありますが、先生との信頼関係を築きやすくわからないところがあったときに質問しやすいので、つまずきをその都度解消して確実に学んでいくことができます。

一方で中学生向け集団指導塾は、ある程度の人数の生徒に対して講師が授業をするという形式です。同じクラスの仲間とお互いに切磋琢磨し合うことができるので、競い合う中でモチベーションが上がるというタイプの生徒には適していると言えますが、集団の中で質問がしにくいとか一度ついていけなくなってしまうとモチベーションが下がってしまうというケースもあります。ですが、高い指導能力を持つ優秀な講師の授業を受けられることもありますし、個別指導塾に比べると比較的料金が安くなることが多いです。また集団指導の塾の場合はクラス全体のスケジュールが決まっているため、決まった時期以外の入会がむずかしいという特徴もあります。