中学生の個別指導塾の特徴について

個別指導塾とは、集団指導とは異なり一人ひとりの個性にあわせてカリキュラムが組まれます。それらのカリキュラムに対応して指導を受けることができる塾です。個別指導塾の特徴として、マンツーマン、講師一人に対して生徒が2人、講師が生徒の席を巡回するシステムがあり、塾によって様々な形態が取られています。なにより、個々に合わえてカリキュラムが対応しているため、それぞれの目標にあった学習ができます。

例えば、数学が苦手だから集中して取り組みたい、文系が得意だからもっと難易度が高い授業を受けたい、部活が忙しい時期は両立ができる量の宿題にしてほしい等生徒の要望に合わせることも臨機応変に対応ができます。学校の授業についていくのが難しい、わからない問題を先生に質問することが苦手な中学生には、個別指導塾があっています。集団指導塾だけでは、目標達成が難しい場合は併用して、苦手科目だけ利用するといった利用方法もあります。個別指導塾と集団指導塾にはそれぞれ特徴があり、費用も異なります。

どのようなスタイルで勉強することが子供にとって良いか、塾を選択する前に具体的に検討すると良いです。個別指導塾と集団指導塾を併用する選択をする場合も、子供の意志を尊重するとより良い結果が見えてきます。中学生の月齢になれば、自分にあった勉強方法を選択することができるようになります。また、目標を設定することも中学生になればできるようになります。