中学生の個別指導塾を営むための方法

日本では今現在、高品質な教育を実施する学校が多くなりました。

義務教育機関となる小・中学生に対しては年に2回の学力テストを実施しており、全国都道府県別で順位を公開されるにいたりました。1990年代後半から2009年まで、国内ではゆとり教育をなされてきた過去があります。これは授業時間を大幅に減らして、子供たちに自由な時間を与える試験的実験ともいえたものです。

 

当時の政権や文科省では健やかな育成に期待を示していましたが、結果としてはその反対で大幅な学力低下を示したわけになります。さらには不規則な生活を助長する結果も得て、素早く現在の方針へとシフトチェンジをされました。全国にはこの影響で、たくさんの個別指導塾も誕生しています。これから中学生向けの個別指導塾を営もうという方も多いでしょうが、その方法について簡単に見ていきます。まず個別指導塾を運営するだけであれば、特別な資格は不要です。

 

オーナーという立場で建物・教室を提供するだけなので何ら問題はありません。しかし、中学生に対して授業をするのであれば、最低限でも教員資格を保有していないといけないのがポイントです。入塾を希望する保護者は、どのようなスキルを持っている方が責任者なのかをリサーチするため、出身大学・いままで教えてきた学校などをしっかりと案内書に記載をすることも大切です。そして講師も募集をしておき、受験に対応した指導ができることを示さないといけません。