中学生に個別指導塾は必要?

子供は元気であることが一番、勉強よりも友達と遊ぶほうがためになる、勉強ばかりしているとストレスになる、といったことはよく聞く言葉です。確かに、子供は元気に走り回ることが良いですし、友達と遊ぶことでいろんなことを学べます。とはいえ、大きくなった時のことを考えるならある程度の学力は必要といえます。それで親御さんの中には中学生になったと同時に個別指導塾を通わせるご家庭があります。

 

では、中学生に個別指導塾は必要なのでしょうか?結論から申し上げますと、中学生のうちに個別指導塾に通うことは必要といえます。もちろん学力があり自分で勉強が出来学校の授業についていけるというのであれば通う必要はありませんが、授業についていけない、勉強が大嫌い、成績が悪く悩んでいるというのであれば個別指導塾に通わせることは大切です。個別指導塾では、ただ知識を頭に詰め込むだけではなく生徒の弱点を見極めたうえでその子に合わせて指導してくれます。勉強の仕方が分からないという子には、勉強の仕方を教えてくれますし、その子自身が持っている素晴らしい点に目を向けてやる気を起こさせますので、成績が伸びるかもしれません。

 

しかし、本人と講師の相性が合わないと勉強が楽しいと思うのではく、苦痛と感じてしまいます。そうなると塾に通わせてる意味がなくなってしまいます。ですから、講師との相性や授業内容をあらかじめきちんと調べておくことは重要といえます。