主要科目が苦手な中学生向きの個別指導塾

希望する高校に合格するためには、中学1年生の段階で早めに準備を進めるのが理想的です。特に主要科目に苦手意識を持っている場合には、通常の集団指導の塾では授業について行けない恐れもあります。しかし個別指導塾であれば、英語や数学が苦手な中学生も基本から学べます。様々な個別指導塾がありますが、通いやすさと丁寧な指導で選ぶのがポイントです。

部活動がハードな中学生の多くが、2年生や3年生になるにしたがって授業内容の理解度が低下します。そして授業が分からないために、主体的に家庭学習をしないという悪循環に陥ってしまいます。しかし個別指導塾に通うと、教科書内容を担当講師から丁寧に指導してもらえます。指導中に講師に疑問点を質問するのが、苦手科目を早期に克服する最善の方法です。

一方で中学生が自分自身で塾探しをするのは難しいので、入学先を決めるプロセスでは保護者のサポートが不可欠です。保護者と生徒が塾の個別面談に参加すると、最適な学習プランを示してもらえます。志望校や現在の学力を考えてカリキュラムを構築するのが、効率よく学習を進めるためのポイントです。苦手な個所を把握して対策を考える上では、塾で受けられる小テストが役立ちます。

小テストで単元別の理解度をチェックすると、生徒一人一人が抱える問題も明確になります。主要科目の中でも理科と数学は理解するのが難しいので、個別指導塾での受講時間も長くする必要があります。