中学生が個別指導塾を選ぶメリットとデメリット

中学生が通うほとんどの塾は学校のように集団で授業を受けることが多いですが、個別指導塾もあります。集団ではなかなか質問がしにくかったり授業についていけない場合は、高額な塾代を支払っているにもかかわらずあまり成績が伸びないということもあります。そんなときにマンツーマンか2、3人の個別指導塾なら、講師と生徒が会話もしやすくわからないところが聞きやすかったり、講師側も生徒のレベルや性格を把握しやすいので成果も出やすいです。その分集団の塾よりも費用は高くなりますが、特に中学生の高校受験時で大人数で学習をするのが苦手な子や集団での授業についていけない子、またはもっと上の勉強をしたい生徒などは成果が上がる可能性の高い個別指導塾が勧められます。

個別指導塾なら生徒一人一人に合った授業をしてもらうことができ、指導のスケジュールを変更することも可能です。分からないところがあっても聞きやすいので、その場で解消することができ理解をしてから次に進むことができることもメリットです。しかしデメリットもあるのです。料金が高いということ以外にも、講師によって成果が変わるというところです。

学生アルバイトから経験豊富なベテラン講師までいる中で、どの先生に指導をしてもらうかによって変わってきます。特に中学生は過敏な年ごろなので、指導力よりも自分に合うか合わないかでモチベーションが変わりやすいので、自分に合った講師に巡り合えるかどうかがカギになるということです。